きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

死別した人らも言葉の使い方を間違えることあるよね

 

「こんなこと言われた、あんなこと言われた。」
「死別した人の気持ちは誰にもわからないんだ。」


死別した人たちは言葉に傷つきやすい。だから相手に対して「こんなこと言っちゃってごめんなさい」なんてやりとりを見かけるし自分もよくやる。それでもさ、そうじゃない立場の人に労う気持ち持つ人ってどれくらいいるのかとふと思うのよな。

 


タトゥーをいれた。いれている。いれてみたい。そんな人相手に酷いこと言う人っている。死別が大きな心の病になっても残酷な言葉を使う人もいる。自分だって言われたくない言葉をかけられて嫌な思いしてるのにもかかわらず言うのよな。


死別で苦しいのはわかるけどもだよ。自分のことはどうなの?相手に対して偏見もってない?ピアス開けてる人、リスカしてる人、無職の人、依存症の人、エロい音楽つくる人、まだまだアングラな連中っていっぱい出てくる。


死別もある意味アングラな世界だけど、正当性のある主張が通るジャンルだとも思ってる。それがさ、水商売やってたままじゃ所詮 風俗嬢としか見てこない世の中だし、私も過去にやってたわけだから所詮アンタ風俗あがりでしょ?の偏見は生涯続くわけでさ。(今は風俗やってたから死別とか漫画とかで苦しむとかそこまでないのよな。ホントしんどいの生理前のPMS。これはキツイ!)


私はもとから排除され続けた人間だから相手に対して偏った見方をしたくはないんだよね。自分がされて嫌だったから、そんだけで。ほんでね、元風俗嬢だったけど(厳密にはSMだから少し違うけど)死別の人ですという主張をしてなんとか世間様に受け入れられようと必死こいてるんだよ。変に隠さずにね。


このブログ読んだ死別経験者に言いたいのは、死別だけが息苦しい世界じゃないってことを切に訴えたいのよな。産後うつとか。ベイビー産まれてHAPPYばっかな世の中じゃないよね。


それだけじゃなしに、嘆くだけで終わってほしくないという気持ちが強い。死別した人の気持ちは誰にもわからないから自分から世の中に発信する。それを私は願っている。私はどう足掻いても水商売あがりだから限界があるんだよ。どこそこ大学って言われたら納得する人が大多数じゃん。肩書き詐称で騙される人間はごまんといる。とまぁこんなこと言ってしまうのが私だから反省しないといけないんだけどね!


落ち込むばかりで終わらない。前を向く癖をつけていく。
こんな感じで今日は締めます。