きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

相手に察しろを求めすぎ

暗くて落ち込んだときも、ガッーーと泣いて出す。
そんな気分で今日も前を向いて生きていく。
と言っても絵空事。気持ちでなんとか済めば世話ないよね。
気分がいいときはテンション高いし未来は明るい。とにかく元気です。
でも気分が沈むときは?ドカンと落ちる、底なし沼に。
でもそれを死別のせいにはしたくない。それってなんかズルいよね。
死別したからってそればっか見て自分でなんとかしようとしないのはどうかな。


ブスに生まれたからってメイクひとつもしないのか?食事に気を付けたり、誰かを妬まない、悪口言わない攻撃しない。内面を鍛えるいろいろある。

 

親が死んだ。未成年遺児。まさにドラマだ!


でも悲しいです辛いですが通じるのは最初だけ。
繰り返してたら言い訳になる。誰にも相手してもらえなくなる。
それでもだ、中には聞いてくれる人がいる。
でも死別者は寄り添おうとした相手も今の気分で排除するよね。
よくよく考えてみれば相手に悪気ないって気持ちがわかるはず。


死別が気の毒だなんて思われることは当然。
それでいいんじゃないかって思うよ私。
考えようによっちゃ労い、思いやりだって見方もできる。

腫れ物に触れるような扱いってあるけど、それも相手がどう接していいかわからないから様子を伺ってるだけなんじゃないのかなと思ったりもするのよな。


私は死別者の視点で語るけれど、出会った人みんなが死に対して苦しんでる人らだけでなく、むしろ、死別なにそれ美味しいの?レベルでしか考えてる人も多かった。かと言って全員が死をないがしろにしてるのとも違くて、ただ自分には経験がないけど周りが死別で苦しんでるって人もいて。そういったタイプの人らは、どう死別者と接するか?なんてこと考えてる人もおるのよな。


つってもまぁ情と理のバランスは難しいよね。
私は頭でっかちになって理性で相手を観察しまくる手法をとりました。
全員ができるわけじゃないし、同じことやれとも思わないけど、こんな人もいるんだなってことで今日を締めくくります。