きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

М嬢は痛いのが好き、それはないです

叩けばいいってもんじゃないしエロい話しが大好物ってもんでもない。むしろ馴れ馴れしいのはノーサンキュー。辟易する。この人だからされてもいい、この人だから許せる。この人でないといけない。この人だからどんな痛いことされても耐えられる。そこには絆と信頼関係あってのこと。勿論これはМ男性にも当てはまる。絶対とは言えないけどね。

 

この話題もあるあるだし今更そんなこと言っても仕方がない感がある。

 

それでもやっぱり主張する。

 

私の場合は下ネタも疲れる。初体験はいつだの、ドSだのドМだの。この歳にもなればもうそんな話もでないだろうかと思えば意外にまだいる。女と見れば「おまえはМだ」と決めつけてくる残念な人も。それはいかんって。(というのはTwitterで呟いてこのブログでもとりあげました。この記事はそれよりも前、2018年1月24日にメモっといて再構成した記事ですは脱線したので話しを戻しますね)

 

とまぁこんなことボヤいても仕方がない。SMはエロいし、エロだ。ポルノだし、お下品だったりもする。下ネタは面白いんだよね。なんなんだろう、あの感覚。なんかウケるんだよね。私も昔はエロネタばっか言ってた、その場のノリで悪ふざけもしてきた。

 

今はもうテンションが合わないけど言ってる人らを見るのは嫌いじゃない。ただ言われて嫌がってる人いたらやっぱり言う。言ってる側に悪気ないこともあるから頭ごなしにキレたりってのはないかなぁ。下ネタがお近づきになる手段になってるってだけの場合もあるんだよね。

 

とりあえずSMは固定概念にとらわれやすいから、その辺うまく伝えたいな。よし、終わり!