きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

死別したから偉いのか?

死別は壮絶な経験だ。特別視することも当然だとも思う。代えがたい人を喪う苦しみは本人にしかわからない。それだけの苦難を背負って生きているのだから、並大抵の暮らしでないことも共感したいし理解もしたい。

だからって死別した自分らが特別偉いという勘違いには頭を抱えてしまうのよな。

死を受け入れた自分は凄いっていう感情。思うだけならまだいいよ。でもさ、口にするってどうなんだろうね。死別を経験して悟った自分たちの魂は崇高で、そうでない人はレベルが低い(ドヤァ)とかね。もうホントなに言っちゃってくれてんだよ恥ずかしい。

なんだコイツ受容できてないじゃん。がっかりする。

受容したと言い切ることで自分の価値を高めたい。死別した自分は尊い、カッコいい、こんな経験した自分はそこらへんの人間とは違う、そうやって優越感に浸ってる人が一定数いる。経験がないからわからないよね、という死別マウンティングもそう。死別経験者はそこらの人よりも重い運命を背負っていると見下して悦に入る。

So what?! 頭にくるよ!どんだけお高くとまっているのかと!

結構な年齢をいった人がそんなことを口走る。まさに老害。驚いた。目ん玉飛び出そうになった。もちろんそんなこと言わない人だっている(逆に若い連中でも言ってる人はいる) 幸い私は謙虚な人に会ってこれたから偏見を持たずに済んでるけど、それがあるから受容したと言い切る連中が恐ろしいと感じることも大きいのよな。

何かが拓けた、悟った、気づきがあった。ドヤ顔で何故それを言えるのか。それって自分凄いアピールしたいだけなんじゃないのか?名誉欲っていうのかな。凄い人と思われたい欲望。そんな感情が見え隠れしてる人がいる。

喋ると口がひん曲がってたり、笑顔で悪口を言うのが特徴。
でもって濁った目をしている。じっと見てるとよくわかる。

死別したから偉いなんて普通は思わないし、思ってても口にすると世間体があるからはっきりそうは言えない。だから言葉巧みに見下すのよな。バレないと思ったら大間違いだ。言わないだけで、人はよく見ている。