きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

生きてて良かったなと思うこと。

このブログは基本的に明るい部類に入ると思うので、死別でダウナーになってる人には受け入れがたい内容もあるかもわからない。それも承知の上で死別して良かったと思うことを考えてみる。

f:id:meguro-hiro:20180518174736p:plain

するとやっぱりここに行き着く。

自分が未成年遺児だったからこそ、相手は死別経験を語ってくれる。自分も泣けるし、相手も泣ける。私は自分にそんな大事なこと言ってくれてありがとうって思う。

 

生きてて良かった。死別した経験があったからこの人の力になれた。思い上がりも甚だしいかもしれない。偽善者が。そう思われることも仕方がない。他人からみたらつまらない正義感かもしれないが、この経験が私の生きる糧になっているのも事実だ。(そこから人を助ける快感を見出して悪質なコーチングをする人や、安易な励ましをする人がでてくるのだろうと思う。私も気を付けないと)

 

もちろん似て非なる死別体験だからこそ、気持ちわかりますなんて滅多なことは言えない。それに自分の経験も特殊ではあるほうなので、言われても返しに困ることがある。ただ、気持ちわかりますって言い方は、たぶん、共感しますって意思表示であるのよな。ただ、どう言葉を選んだらいいかわからなくなってしまって、つい口から出てしまう。自分もそうだし、それで人を傷つけてしまったことがある。申し訳ないと思い続けるしかないのだけど。

 

こうして生きてて良かったなと思っても、自分の体験は特殊であるほうだから、同じように死別した人から共感されることは圧倒的に少ない。(自分と違う人間だから、言ってはいけないこと言って傷つけたらどうしよう、なんて優しさMaxな人は敢えて声掛けしないこともあって。そういう気遣いしてくれてるってのも伝わります。本当に有難いです)

 

気持ち察してくれよ、そうやって長い期間相手に求め続けてきたけれど、クレクレは結局誰にも理解されないまま終わってく。苦しい人生だからこそ、楽に生きる術を身に着けたい。暗中模索しまくりなんで、だったらせめて人の良いとこ見つけたい。

 

宝探しは最高にワクワクするのよな。レアもの見つけた瞬間、うぉやぁったぁぁ!ってあのハイなテンション。好きだ。人との出会いもそうありたい。なので、人の欠点探しよりも良いとこ発掘したほうが楽しいのよな。私は人生イージーモードで生きたいんだぜ。