きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

死別後の再婚を第三者視点で見る・後編

f:id:meguro-hiro:20180521230656p:plain

落ちぶれた人間は攻撃する。

f:id:meguro-hiro:20180501021048p:plain

亡くなった人に悪いと思わないのか。可哀想じゃないかと相手を責める。
自分の感情を亡くなった人に投影している。しかしそこに気づかない。
亡くなった人はこう思っているに違いないという思い込みに支配されている。
亡くなった人はもうこの世にはいない。もう自分の好きに生きればいい。
亡くなった人はあなたを責めない。再出発を責めているのはあなた自身だ。

人間は自分の物差しで他人の気持ちを推し量る。

これも私の想像だ。違うならそれはそれで構わない。
他人の気持ちなどわからないのだから。
ただし攻撃的な人間を こうして冷めた目で見る人間がいる。それは事実だ。
偉そうにわかったような気になって。そう言って攻撃する人間は所詮その程度。
その人は誹謗中傷が自分の価値を下げるだけであることを知らない。
しかし負の感情を持つのも人間だからだ。悪感情に支配される理由は必ずある。
最愛の人との死別体験は人間の本性を暴いてしまう。
亡くなった対象が誰であれ関係ない。
家族に暴力を振るわれたら自分のことのように怒る。誰だってそうだろう。
亡くなった相手を言葉の刃で切りつけられたら誰だって怒る。
心の中に最愛の人が生きている証拠だ。最愛の人はいつでもその人の心にいる。
だからこそ死別後の恋愛を許せなくなる。
しかし他人と自分を切り離して見ている人も大勢いる。
僻む人もそうでない人も、どちらも生涯を独りで過ごす道を選ぶ。

私の父は妻と死別し一人で生きる道を選んだ。それも賛成だ。
父親が望んだ事だから私は同じ立場にある人を応援したい。
私は思う。寡夫であった叔父を看取ったあの内縁の女性の今を考える。
あの女性はどうしているだろう。その人は新しい人と共に生きる道を選んだ。
幸せでいて欲しい。その人は私の母と同じ名前の女性だった。