きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

死別を武器にして戦うこと

辛い経験を糧に生きる。無茶だってそんなの。
辛い経験が私を成長させてくれた。バカ言ってんじゃないよ。
綺麗事抜かしてんじゃねぇぞ。お前に何がわかるんだ。
お前が死別を乗り越えたからってみんなができると思うなよ。
そうなんだよね。成長したとか聞くのって嫌だしキツいの。耳障り。
死別を武器にして戦うのってこういった悪感情も含まれる。
それってマイナスにしかならないようで実はプラスに働いている。
死別は乗り越えると人から見れば感動するしそれは間違いじゃない。
でもやっぱり死別って綺麗事ではないんだよね。
寂しいって感情ならまだ人は同情してくれるけど、それが問題。
死別した経験のある人って大半は同情されるのを嫌がる。
顔や口に出さないように気をつけてるだけで気持ちは真っ黒。
ふざけんな畜生って気持ちでいっぱい。やりきれないんだよね。
だからムカつくんだよ。いつもイライラするの。
でもそんな感情をこうして書くことで周りは気付くんだよね。
私がダウナーだったりキレた感じで記事を書くのにはそんな意味がある。
人間の本性が顕著に出るのが死別体験。
どんなに温厚な人でも洗いざらいに負の感情が出てくる。
でもその感情を口で説明するのって難しい。だから私は毎日キレていた。
知人に、あの時こうだったって死別の話しをすると驚かれる。
そんなに怒ってたの?!って、しかもいい人だと謝ってくれたりする。
あのとき悪いのは確実に自分が悪感情に支配されてただけなのに。
なのに泣いて謝ってくれるような人もいる。
感情的にブチまけても売り言葉に買い言葉だから冷静に話してみる。
以外と、わかってくれる人って多い。
日常が満足している傾向にある人ほど共感力は高い。これは本当。
家族の自慢や惚気話しを遺族の前でする人は多いけど全く悪気はない。
ただ知らないだけ。
その人たちが幸せだからとかじゃなくて単純に意識してないだけ。
死別を経験していなくてもPTSDを患っている人はとても多い。
虐待されて育つもそうだしイジメにあうとか色々ある。
立場が違うってだけで別に苦労してないってわけじゃない。
今笑ってられるのも苦労から得た幸せがあるから笑えるって人もいる。
だから死別に対して苦しんでるなら、相手をねぎらってみるのはアリ。
返報性の法則。やられたらやり返す。それをプラスに変換する。
死別体験にもあることと同じことするだけ。その人の立場に寄り添う。
共感されると救われたような気がするってタイプの人はこれできる。
でも同じ立場じゃなきゃ共感された気にもならないし嬉しくない。
自分はムカつくだけってタイプの人はやらないに越したことはないよね。
私は少しでも死別に対して理解を深めてほしいと思ってる。
だから体験者に括らずいろんな経験をしている人らと知り合いたい。
そのためにこうやって人付き合いしてる。
でも向き不向きがあるから、まぁできる人がやったらいいのかな。
死別を武器にして戦うってのは前向きな方法もあるって話しでした。

f:id:meguro-hiro:20180501024623p:plain