きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

さよならもいわずに

 

さよならもいわずに (ビームコミックス)

さよならもいわずに (ビームコミックス)

 

bookmeter.com

絶望と再生の物語。
最愛の妻、キホさんを喪った著者の死別体験。
死の瞬間、葬儀。その後の悲観。妻を喪った男の痛々しい現実。
感情を殺して生きる日々。漫画を通じてまざまざと苦悩を見せつけられます。
いつか来る別れに備えて心の準備はしていたのに。それでも。
最愛の人の死が現実になったとき、人は何を思うのでしょう。
淡々と進む物語。悲劇の先にあるものとは。
ひとつひとつのシーンから生活感が滲み出ています。
木製の階段が軋む音は今にも聞こえてきそうです。
表紙でもわかるように背景が精密に模写されています。
だからこそリアリティがあるのでしょう。
こっちまで奥さんを知っているかような錯覚に陥るんですよね。
だからこそ感動はなく虚しさが残ります。それが死別なんですね。
最後までひしひしと伝わる罪悪感。
十字架を背負って生きる覚悟が伝わってきます。
著者のドキュメントに興味を持たれました方、是非ご一読下さい。