きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

死を描くことの恐さと嬉しさ

漫画の話を考えているときは幸せだ。 
誰に認めてもらってるわけじゃないし、それで食ってるわけじゃない。
虚しいってのもあるけど、考えようによっちゃ自由なんだよね。
締め切りに追われることも評判を気にすることもない。
誰に邪魔されることなく自分のペースで描きたい話を自由に描ける。
ただしそれを揶揄する人間は、それが同人誌、なんて言ってくる。
マチュア扱い。それはそれで仕方がない。成果を出さなければ認められない。
ただし、そんなこという人間は付き合っちゃいけない。
縁は切っていい。容赦なくバサッといく。

f:id:meguro-hiro:20180501053257p:plain

ただし悪感情では終わらせない。ハングリー精神だ。
しかし私は見返してやりたいという気持ちが薄い。描ければ満足。
文章で構成を考えているとき、それが起承転結にまとまったとき。
それだけで幸せだったりする。

f:id:meguro-hiro:20180501053757p:plain

何を描いても誹謗中傷は承知の上。もちろんイヤだなって思う。
ただ意外とその中にこのままじゃダメだってヒントが隠れている。
暴言であっても見方を変えれば欠点を指摘されているようなもの。
中傷は醜い。だからこそ目立つの応援メッセージ。その人たちを信じればいい。 

f:id:meguro-hiro:20180501054218p:plain

このまま描き続けることの恐ろしさは何もなく死んでいくのだなと思うこと。
幸せだなんて思ってもちゃんと見てもらいたい。それが本音だ。
だから応援されるのは素直に嬉しい。
こんな自分に声をかけてくれる人がいる。
だったらその人たちに向けて漫画を描いていこう。
本当にありがとうございます。頑張ります。これからも。 
この先どうなるかわからんがイチかバチかに賭けてみよう。 
お父さん、お母さん。見ていてください。

f:id:meguro-hiro:20180501052731p:plain