きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

隣の芝生は青く見える

f:id:meguro-hiro:20180501041511p:plain
一定数いるのが悲しみ比べをする人。
「自分はこんなに辛いんだ、苦しんでいる」
「○○よりも○○のほうがずっと辛い」
「あなたはまだマシだ」「自分なんかこんなに苦労している」
そこには「自分だって頑張っている、けれど誰も認めてくれない」
だから「わかってほしい」理解者、支持者を求めている。
承認欲求が満たされない人は延々と繰り返す。
悲劇のヒロイン症候群。そう揶揄される。
バックホーンは皆一様に違う。なのになぜ理解しようと思わないのだろう。
なぜ想像力を働かせないのだろう。
視野が狭いのか。表面でしかものを見ないのか。
どこにいってもそういう人間が必ず出てくる。残念だ。人ってなんなんだろう。
でもそれがその人たちには普通のこと。悲しいけれど、それが現実。
怒りもなく虚しい。私はただただ悲しくなる。しかし、だ。

そんな気持ちで終わらせるのもなんだしもうチョイ考えてみる。

そんな人らと会ってしまった時の対処法。とにかく逃げる。これに尽きる。
嫌な気持ちはするけれど、もう仕方がないって諦める。
マウンティングされると仕返してやりたい気持ちが出てきがち。
でも抑える。同じにならないよう気を引き締める。冷静に相手を分析する。

なぜこの人間は自分を敵視するのか。

よくよく見ると敵視する人は過去の記憶と戦っているだけだったりする。

思った以上に相手のことを嫌っているわけじゃない。
だから話してみると以外と仲良くなれたりすることがある。
もちろん向こうは警戒してるからこっちから近寄っちゃマズいんだけど。

そういうタイプの人に運悪くぶつかることって人生のうちに何度もある。
生きてりゃなんどでもそんな人らとぶつかる。とても辛い。傷つく。でも我慢。
我慢することは自制心の強さ。人生はそれを養うゲームだと思っとく。