きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

死と向き合う強さ

f:id:meguro-hiro:20180501000243p:plain

死に対して考えたり、自分のトラウマと向き合ってみたいって素直に思う。
動機は興味心。突き動かされる。なぜ知りたいのだろう。考える。
答えが欲しい。自分を苦しめているモノの正体を突き詰めたい。
知ることで気持ちが晴れる。と、いうわけでこれだ。カタルシス

カタルシスkatharsis)《浄化排泄
精神医学用語。別名「浄化法」
過去の不快な体験を思い出し、その出来事を表現することで心を解き放つ方法。
無意識に閉じ込めた負の感情を表に出して症状を消していく。
主に悲劇的な芸術作品を鑑賞し、その物語に感情移入をすることから起こる。
物語に共感し我慢してきた思いが解放されたとき、快の感情が得られる。

もっとザックリ言うと、悲しい映画、アニメや漫画なんかを見て泣くこと。

f:id:meguro-hiro:20180506002229p:plain

悲劇的なシーンや結末を見聞きすることがストレス解消になる。
これは決して悪いことではなくて、心の安定を保つためには大事なこと。
日頃から涙を流す習慣がつけば心に大きなストレスを溜めずに生活できる。

涙活なんてのも一時期に流行りましたよね。

f:id:meguro-hiro:20180506002739p:plain

死別した者同士でも相手の体験を聞いて泣いたりする。
自分に起きた体験を語り合うことで感情を共有しあう。
遺族会でも泣くことは推奨されることで決して傷の舐め合いではない。
同じような辛い経験を見聞きし、また自分も心の傷を言葉や感情で表現する。
語り合うことで鬱屈した思いや日常で溜まるストレスを軽減させる。
それは気持ちいいこと。快楽だ。心が満足することに繋がる。

出すことは気持ちいい。

人は健康を維持するために代謝を促し古くなった細胞を大便として排泄する。 

f:id:meguro-hiro:20180506003239p:plain

種の保存のために性行為をし快楽を得る。

涙を流して悲しみを解放する。

表に出すことって大事なこと。こうして書くことでも気持ちは晴れる。f:id:meguro-hiro:20180506001526p:plain

書くことで鬱屈した感情を表に出し自分の気持ちに気づく。
寂しい。辛い。苦しい。書くことで負の感情に気づく。
書くことで自分が日常をどう感じて生きているのかを知る。
自らに起きた情緒的な体験を知ることでカタルシスを得る。
カタルシスを得ることで気持ちが晴れて心の傷は緩和する。

そのために私は過去の記憶と戦う。

f:id:meguro-hiro:20180506001925p:plain

過去に何をされて悲しかったのか、どんな嫌な思いをしたのか。
死別だけに限らず、過去に起きた辛い体験を書き記していく。
それはとてもエネルギーのいることだ。体力も必要だし時間もかかる。
ブログに書くとしてもここは公の場である以上やはり書くことは制限される。
しかしこうして記事にまとめることは大変だけど達成感も大きい。
また、漫画の構成を文字にして書くことも苦しい作業だ。
しかし起承転結がまとまるとスッキリする。
絵もそうだ。何十時間とかけて描きあげた先には快楽がある。
漫画もまた表現。感情を表に現すこと。
私は死別体験のみならず今までの体験を漫画として表現していきたい。
産みの苦しみを乗り越えた先には達成感が待っている。

私は自信を持つことで死と向き合う強さを身につけていきたいな。