きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

死別後の暮らし(高校時代)

f:id:meguro-hiro:20180501003941p:plain

両親と死別した後の暮らし。何も考えていなかった。普通に過ごした。
昼に起きて学校に行って、部活で友達と遊んで家に戻っての毎日。
はたから見れば普通の暮らし。笑う。すぐキレる。これが情緒不安定なのか?
自分でもわからない。ただ肩の荷が下りた。
もう父親の躁うつ病につきあうこともしなくていい。私は自由だ。
でもひとりだ。もう頼れる人はいない。親が死んで遺児になった。
で、どうする?まだ死別を受け入れることもできない。高校2年の終わりごろ。
もう春はすぐそこだった。進級も危うい。とりあえず学校に行った。
「親が他界しました」と冷静になることもできず「親が死んだ」と突き放す。
暴力的な言葉を使えば人は離れていく。当時はそれが良かった。謎の優越感。
おまえになにがわかるんだ、そんなお約束のセリフは心に閉まった。
それでもきっと顔にはでていた。でもなんで我慢してたんだろう。
迷惑をかけたくないとか、気持ちを知られたくないとか、そうじゃない。
うるせぇ。素直にそう思った。別に周りは何もしていない。
私の激しい思い込みが私自身を世間から遠ざけた。


以前は季節ごとの行事が鬱陶しかった。
四十九日、進学祝い、百箇日、ゴールデンウイーク、誕生日、母の日。
お墓参り。父の日。法事。梅雨。気持ちが萎える。それがどうした。
もうどうでもいい。夏は暑い。でも心は虚しい。荒んでる。
家族連れをみるのが辛い。ファミレスは息苦しい。学校もつまらない。
夕方からゲーセンに行った。夜も絵を描いた。友達をつくった。
自分の境遇をしらない人と付き合うことが楽だった。
二次創作、同人イベントでサークル参加したりコスプレしたり。はしゃいだ。
毎日遊んでた。気晴らし、にはなったのか。でも虚しさは消えなかった。
気を紛らわすことでいっぱいいっぱい。新しい人間関係に救われた。
もちろん死別経験のある人には出会えなかったしトラブル続きだったけど。
本当は死別の話しができる人ともつきあいたかったが周りにはいなかった。
まぁいいか。今なんとか生きてる。生きるしかない。学校いこう。
親は死んだ。亡くなった。他界した。仏壇に手を合わせる。
あと10ヶ月で実家も取り壊す。家を売ったお金で父親の借金を返すんだ。
帰る家も無くなる。しょうがないって。諦めろ。それが私の人生だ。
わかってもらおうなんて無理なんだよ。普通はこんな暮らしじゃない。

おはよう。いってきます。おかえり。家は真っ暗。あぁ叔父がいたんだ。
そうか、10ヶ月は親代わりか。なんだかなぁ。微妙だ。ひとりがいい。
真っ暗な部屋に一灯の白い光。お仏壇を照らす照明。眩しい。
棚からアルバムを取り出して眺める。笑ってるね。でももう誰もいない。
しょうがないって。もういないんだから。辛いな。ひとりか。辛いね。
あぁそうだ、また明日も学校だ。行かなくちゃ。ここで諦めちゃいけない。
せめて卒業しよう。頑張ろう。もう少しだ。なにがだ。
これからどうする。働く?美大に進む?絵の専門学校でも行くか。
まだのんびりしたい。これからを考えると虚しくなる。
そうだな。今日はもう考えるのはよそう。まず明日だ。明日、辛いな。
でも明日は朝に起きないと。一限の単位はギリギリだ。遅刻できない。
寝たら起きれない。15時間は寝てしまう。いつの間にか一日が終わってる。
そうだな。朝まで起きてるか。絵でも描いて時間を潰そう。学校で寝るか。
そうだ、絵を描こう。生きよう。少しでも。