きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

子供の悲しみを否定する

母を喪ったのは3歳だった。そんなに小さい頃だから覚えていないでしょう。
子供だから覚えているわけがないと他人は言う。だからずっと黙ってた。
どうせ私の話すことなんて誰も信じてくれない。そんな子供時代だった。
人を疑ってかかるようになった。憎むようになった。すぐ怒りに支配される。
覚えているわけがないと決めつけられることが許せなかった。
どんなに尊敬する相手でも、その一言ですべてが終わる。哀しいね。
『この人は私ではない。暮らしてきた環境が違う』
『この人は親がいる環境で暮らしてきた』
『この人は親と死別したことがないからわからないんだ』
そうやって偏った目線で相手を見てしまう。
でも実際は親との死別経験がなくても思いやりのある人って多いんだけどね。
しかし私は何故か人の心を想像できない人間と出会うことが多い。

「そうなんだね。わかったよ。もう言わないよ」
でも心の中は?やっぱり思ってる。態度にでてる。見てればわかる。
言わなきゃいいって考えは通用しない。今はどうだろう。カチンとくる?
仕方がないことだと割り切っている。それでも思うことは多いよね。

それを今日は記事にまとめるね!

子供を無理に大人扱いしろとは言わないけれど対等に扱うことって大事。
言われなくてもやってるなんて言われそうだけどね。
でもそれを強く言ってしまう人ほど子供の意見を聞いてなかったりする。
私にはちゃんと話しを聞いてくれる大人が少なかった。
いたにはいたんだよ。話し聞いてくれる大人が。ただ距離が遠すぎた。
身近な家族である父や祖母とは死別の話しをしなかった。タブーだった。
泣くことも許されない。それは弱い人間のすることだ。そんな家族。
でも本当は真実を隠すことが何よりも弱い人間である証拠なんだよね。
事実を受け止めることができない。祖母と父はそんな人間だった。
父は祖父に我慢を強いられてきた人生だった。感情に蓋をして生きてきた。


父は娘が泣くことを許せなかった。

「お父さんだって我慢してるのになんでおまえは我慢できないんだ!」

f:id:meguro-hiro:20180501010157p:plain

おいこら子供にムチャ言うな。思い出すとちょっと笑える。悲しすぎる。
とまぁ我慢し続けた環境で育つと赤ちゃんオッサンになってしまう。
私は母親を喪って泣いてばかりいた。しかし父は「我慢しろ!」怒鳴りつける。
周りの大人は「どうせ子供は覚えていない」「すぐ忘れる」と決めつける。
「ちょっと言っただけなのにアンタまだそんなこと覚えてたの?」
子供時代は出来事を大きく捉えがち。あんなこと言われた、あんなことされた。
思い出が肥大化し恨みが深くなる場合がある。その代償は計り知れない。
大きくなるにつれて生活に支障をきたす。対人関係が上手くいかなくなる。
子供の死別悲観を否定する。どうせ平気だろうと高を括ってると豪い目にあう。
片親の子供は両親が健在の子供とは少し違う。なにかがずれている。
キレやすい、泣く、奇声をあげる、人から一切離れない。まだまだでてくる。
明日は子供の死別を対象に書かれた本を紹介するね!