きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

死別者は世間を恨む

ある人は神を呪い天に唾する。
病に奪われた人は病魔を、そして医師を妬む。数えればキリがない。
事件、事故、災害、自ら命を絶つ人。考えるだけで苦しい。
起きて欲しくなかった。ただ一言、それに尽きる。
平穏無事に過ごす。それはあまりにも贅沢だ。
家族で食卓を囲うことも、何気なくテレビを見る日常も。
朝起きればおはようと言える相手がいることも、普通が贅沢だった。
そんなことに今更気がつくなんて自分はどれだけ平和ボケしてたんだろう。
悔やむに悔やみきれない。もう後戻り出来ない。時間は元には戻らない。
悔しいな。不甲斐ない自分を恨む。許せなくなる。対象は自分だけじゃない。
亡くなった人への恨みも大きくなっていく。なぜ死んだ。なんで置いてった。

友人もボヤいてた。

「なんでお母さん死んだん」
「お母さん、わたしのこと好きじゃなかったの?」

そんなことないという言葉は否定になる。かといってそうだねと頷くのも違う。
複雑な気分だ。「なんか一言ください」傷つくとわかっていても友人は求める。
「同情じゃない。共感が欲しい」そうだね。そんな世の中になったらいいね。

だから私は漫画を描く。日の目を見ずに終わろうとも、やるだけやってみる。
ほんの少しでも誰かの心に触れたらいいなぁ。そんな希望はもっておきたい。

 

f:id:meguro-hiro:20180518131451p:plain

 

以前の私は世間を恨んで生きてきた。
けれど、負の感情を抱えたままでは漫画にならない。
恨み辛みを吐き出すだけじゃいけない。読み物として成り立たない。
悪感情に支配されちゃいけない。自分が変わらないといけない。
死別の経験から得たものは何か。
自分が何かに気づくことでキャラクターも成長する。そう思ってた。
だからこのままの自分でいちゃいけない。でもどうしたらいいんだろう?
このままじゃダメだ。それはわかっている。
でも肝心なことには気づかない。危機感はブクブク膨らむ。焦る。
行き場がなくなる。パンクする。フリーズする。立ち止まる。
悪感情に蓋をした。言いたいことを飲み込んだ。
言いたいことがありすぎてパンクした。
成長も何もない。何も変わらない、そう思い込んでしまった。

本当は、そんなことなかった。
日進月歩とはいかないが、毎日ちゃんと成長している。
何もないと思い込んで、自分に魔法をかけてしまった。
思い込むことは考えること。もうそれだけで前に進んでいた。

死別後の悩みは大きい。生活もままならない。生き辛い。本当に。
主張は一方通行になる。でもそれだと世間は怒る。ふざけんなってなる。
悩みはみんな持っている。おまえだけじゃないんだぞ。ホントそうだと思う。
売り言葉に買い言葉。争う。やだね。戦争はイヤだなぁ。二重苦か。

自分でレッテル張りをして苦しむのはもう終わりにしたい。
もう充分に苦しんだ。もういいじゃないか。ここ数年は特にそう思う。
とりあえずなんか伝えよう。怒りや恨みを上手に物語にする。
死別は恨みと同時に後悔の念を抱いている。葛藤している。毎日辛い。
それでもなんとか生きたいんだ。

そのためには自分がしっかりしないとな

f:id:meguro-hiro:20180501202730p:plain

明日から1日1作エッセイ漫画「猫あるある」を連載します。
なので、死別語りはちょいとお休みです。
それではまた明日も宜しくお願いします!