きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

亡き母と母の日

母は他人のようだ。物心ついた頃には既に遺影の中だった。

f:id:meguro-hiro:20180502014910p:plain

誰だろう、この人は。
黒いタートルネックにパールのネックレスを下げて微笑んでいる。
お母さんだよ。父は上機嫌に自慢する。とても嬉しそうだ。9歳下の奥さん。
のろけていた。ふっくらとした体型に金銀の派手なアクセサリー。真っ赤な爪。
よく笑う人。彼女は38歳でこの世を去る。乳がん。当時、私はまだ3歳だった。

母はもう長くない。七五三が最後の家族写真。入院する前に写真を残した。
私が2歳頃のことだった。今でもアルバムをめくると涙が溢れる。
母はどんな気持ちだったのだろう。逢いたいな。でも、もういいかな。

f:id:meguro-hiro:20180502015245p:plain

時間の経過と共に思い出は美化される。それは恐ろしいことだ。
綺麗な思い出は対象に依存する充分な要素になる。このままではいけない。
これが俗に言う思い出補正。あんなに優しい人がなぜ奪われた。
なんであの人なのだろう。あんなに素敵な人がどうして。
なぜ、うちばかりがこうなんだ。あそこの家は幸せそうだ。
うちだって、あの人がいればそれだけで幸せだったのに。苦しくなる。
涙が止まらない。周囲と見比べ悲観し羨望する。カーネーションが嫌いになる。

f:id:meguro-hiro:20180502015941p:plain

それは勿体無い。母の日には意味が有る。

赤い花は生者を祝い、白い花は死者を弔う。

物事は何事にも両局面がある。

母の日。世間は真っ赤な喜びに満ちている。だから私は黙祷する。

 

母も人間だ。醜く汚い顔を持つ。
私は現実を生きている。だから辛いんだ。悲しみが怒りに変わる。
憤り、憎しみに変わる。人は負の感情に支配される生き物だ。
自分に醜い心があるように、母にも陰の側面がある。

知らずに済んだのが幸いした。

良い思い出を残してくれたことには感謝している。
思いやりを忘れないで。母の遺言だ。私は貴女を忘れない。