きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

いつ親を亡くした人が最も辛いのか

f:id:meguro-hiro:20180502032451p:plain

親離れ。それは必ず誰にでもやってくる。
ならいつの時期に親と死別するのが最も辛いのか。
結論を言えば人それぞれ。
いつの時期にどんな形で親を亡くしても悲しさってのは比較できない。
比べられることじゃないし、比べてはいけない。
不幸自慢なんてやったらキリないしね。
そんなん言ったら自分の経験なんか悲劇のヒロインレベル。
マウンティングすごい取れる。ガチで漫画みたいな出来事。
未成年で両親死別って字面を並べただけで悲劇。
だからって誰かと比べて自分の方が可哀想?
当時は思ったけど速攻打ち砕かれた。重い経験積んでる人がたくさんいる。
それを言わないだけ。

中には失恋や夢を頓挫したり職失ったり、それだけで人生が壊れる人っている。
たかがその程度でって思うようなことでも、その人にとっては地獄そのもの。
私がそこに気づけたのはSM界隈にいたからってのは大きいかもしれません。

f:id:meguro-hiro:20180502032808p:plain

風俗業ってところは病んでたりワケありの人が多い。そんな印象。
働く側に回ると内情が見えてくる。ほんの少しだけれど。
そういったところに出入りしてたから自分を特別視することもなくなりました。
20歳頃かなぁ。がむしゃらに働いて沢山の人と出会って色々と教わりました。
私の経験なんてのも特異だろうけど、それとは別で辛いもの持ってる人はいる。
だから比べられない。同じ目線で見ている。もちろん違いもしっかり見つめる。

例えば。
高齢で親が他界した人と自分は環境は違うけど立場は似てると思うんです。
50代60代のいい歳した大人が親が亡くなって涙する。何年もひきずる。
それを見て首をかしげる人がいる。私は何度か会ってきました。
そんなもんなんです。泣きますって。責めないように伝えてみたけれど。
それでも理解されないって現実。歯がゆい。なのでここで主張しときます。