きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

良い人から死んでいく?

そう思ってしまう。自分にとって大切な人は良い人だから。
死別は盲目的になりやすい。

自分ばかりが不幸だと嘆き苦しみ現実から目を逸らす。

f:id:meguro-hiro:20180502065939p:plain

私は幼少時代に母親を喪った。だから綺麗な心をした母親しか知らない。
どうしてお母さんが死んだの。あんなに優しいお母さんがどうして。
寂しさからの苛立ち。理解されない喪失感。

f:id:meguro-hiro:20180502070208p:plain

いつもアニメや漫画を見ていた。現実逃避だった。
そして絵を描くことで寂しさを紛らわせていた。

f:id:meguro-hiro:20180502070600p:plain

17歳。父の死。

アニメも漫画も見れなくなった。それでも絵を描いた。

同人誌やコスプレをして現実逃避。当時はそこに救われた。

 

それでも虚しかった。もう絵も描けなくなった。年々酷くなっていった。

なんで死んだ。もっと生きてて欲しかった。言いたいこといっぱいあった。

父と母への感謝と憎しみ。子供の頃は言えなかったことも多かった。
でも今なら言える。だから悔しい。もう二度と願いは叶わない。

f:id:meguro-hiro:20180502071052p:plain

今は悲しみの質が変わっただけで、根本的にはきっと何も変わっていない。
両親以外に親族や恩師、友人の死を通じて感じたものは虚無感ばかり。
人は必ず死ぬ。良い人も悪い人も関係ない。死は平等にやってくる。
人生は不公平で当たり前。そんなもんなんだ。人ってそんなもん。
悲しいけれど、そこに良いも悪いもない。

ただ死という事象が生まれるに過ぎない。でもそう思いたくない。

それも当たり前。奪われた経験は心に深い傷を残す。
良い人から先に死んでいく。そう思ってしまう。

そこからどう這い上がるか。私は考え方を変えるしかなかった。
様々な体験談を見聞きし自分も経験する。そして人のことを考える。
本当に自分だけが辛いのか?疑問を持つ。自分と他人の違いを見つける。
その人のどこに心の闇があるかを探す。人はなにかしら抱えている。

だから人に寄り添う。相手の闇を否定しない。自分と比べない。

可哀想とか同情しない。共感する。自分がされて嫌なことはしない。

単純に、相手を思いやる。優しく接する。
それでも人は必ず裏切る。みんながみんな良い人ではない。
人間は良い部分と悪い部分を必ず持ってる。知ることで強くなる。

良い人から死んでいく事は、決して無い。