きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

詳細は右画面のサイドバーをご覧ください

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.

 

死別後の辛さ

テンションの上がり下がりが疲れる。(以前の自分です)

f:id:meguro-hiro:20180502080643p:plain

外では無理をして笑顔をつくり、家でようやく無表情。
何を食べても足りない。肉をかじっても満たされるのは一時だけ。
ひもじい。体も心も。脱力。昼夜逆転無月経が半年も続いた。
テレビもまったく見なくなった。流行歌も時事ネタもお笑いもついていけない。
接客業だけにさすがにヤバイ。だから知らないことをネタにしてお客さんと話す。
カラ元気。遠くで人が笑ってる。そんな感じで聞いてた。頑張るのはしんどい。

家に帰れば猫がいる。唯一の癒し。コメがいるから頑張れた。

f:id:meguro-hiro:20180502081119p:plain

以前は人に会うことが苦痛だった。どこに行ってもみんな家族がいる。

そんな風に見えた。

この世に独り取り残されたような感覚。同世代とも話しが噛み合わない。
楽しいフリ。ずっと自分を殺してきた。自分が何者かわからなくなった。

絵も描けなくなった。何もしなくなった。成人式もしていない。

なんでと聞かれる。親が亡くなって祝い事などできるわけがない。

しかし同世代にはわからない。

親が生きているのが当たり前の環境下で暮らしている。わかるわけがない。
他人を羨ましく思った。親に文句をつける人間を恨めしく思った。

いるだけマシだろ。不貞腐れていた。

f:id:meguro-hiro:20180502081505p:plain

ずるい。なんで自分ばかりがこんな目にあわなくちゃいけないんだ。
周りはみんな幸せそうだ。友達、恋人、親、夫婦。隣に誰かいる。家族がいる。

家に帰ればおかえりと言われ食卓を囲い雑談し、時に喧嘩し仲直り。
普通の暮らしに憧れた。一度でいいから母親と買い物に行きたかったな。
一度でいいから、父親とお酒を飲み交わしたかった。
困ったぞ。涙が出てくる止まらない。逢いたいな。今でも逢いたい。
そうだ、写真を見よう。でも見れない。悲しくてアルバムがめくれない。

泣けてくる。泣けるだけ泣こう。愛しているから悲しいんだ。

そう思える親で良かった。そう思いたい。

父を恨んで暮らしてきた。けれど今だから受け入れることができている。

もう他人を羨むことも恨むこともない。隣の芝生は青い。人って色々ある。

f:id:meguro-hiro:20180502082104p:plain

辛い体験をした自分がいる。今隣にいるその人が幸せとは限らない。

Click here! 応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 家族ブログ 死別へ にほんブログ村 漫画ブログへ