きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

死別経験を利用して人を見極める

f:id:meguro-hiro:20180502090441p:plain

子どもの頃は、誰からも信用されなかった。
やってもいないのに集団から犯人扱いされ自白を強要される。人って怖い。
父親が末期の病でピンチのときに相談した相手からは不幸自慢やめろいう説教。
気持ちは誰にも理解されなかった。思い出せばまだあるけど、ここでストップ。

体験として学んだのは、話さなければいいということ。

話す内容を当たり障りないことにする。でもそんなの誰だってやってる処世術。
だがしかし、私はあえて死別の話しをする。しかもちょっとわくわくする。
相手がどんな行動に出るか、言葉の選び方、感情に寄り添える人間かを調べる。

この相手は自分にとって利益があるか否か。そう書くとなんか嫌だな。
尊敬できるか否か、学べることがある人間か否かに訂正しよう。
そうやって相手のことを見ている。というか試している。

両親が亡くなってると伝えれば返ってくる言葉は 嘘でしょ?漫画みたいだね!
これって言っちゃダメだよなぁと呆れるが流せてしまう。心には響かない。
死別って経験のない人はこんな感じなんだな。とりあえず漫画のネタにはなるか。
でもこういうこと言われたら人ってやっぱ傷つくよね。怒っていい案件。

こうしてブログや漫画に気持ちを描くことで意見をくれる人がいる。
本当に有難い。嬉しい。信じてくれる人がいるって、生きる糧になる。
信用されない子供時代だったし、今もその陰に怯えて人を疑い試す自分がいる。
はたから見たら汚いやり方かもだが、これが私の処世術であり距離の取り方だ。
それでも私は人を信じているし、なんだかんだで人間という生き物が大好きだ。
元の性格もあるかもだが、喪の作業に区切りがついた今、私はこんな感じだ。