きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

扱い方が難しい死別者

我が強くなる。私は言葉に過敏になった。
おはようと笑顔で挨拶されても笑ってんじゃねーよと悪態を吐く。

f:id:meguro-hiro:20180502090918p:plain

死別して間もない時期。10代の頃は、いつだってキレていた。
心が荒んでいた。自分の気持ちを理解できるような人はいなかった。
どんな言葉も右から左に流れていく。すべてが目障り耳障り。
移り変わる季節も、行事も、どこに行っても世間はバラ色。
そんな風に感じてしまう自分のことも大嫌いだった。

だからあえて隠さなかった。両親は死んだ。自分は遺児になった。
はぐらかしたくない。感情を誤魔化すとモヤがかかる。
それもイライラの原因になる。だから臆さない。躊躇しない。
ただし人に話すのはここまで。うち親いないよ。それで充分。
聞かないでという空気つくる。相手もそれを感じ取る。
根掘り葉掘り聞いてくる相手には話しをそらした。
それでも聞いてくる人には言う。やめてくれ。怒る。
ただし当時は今と違ってもっと感情的だった。

f:id:meguro-hiro:20180502091124p:plain

死別者は鬱屈としている。人間を変えてしまう。本性が出てくる。
私は怒りに支配された。何もかもが許せなかった。

f:id:meguro-hiro:20180502091525p:plain

生きることが苦しい。だけど死ねない。死ぬに死ねない。

煙草を吸って緩慢なる死を望み惰性に生きる。自分に酔う。

f:id:meguro-hiro:20180502091850p:plain

毎日を笑顔で誤魔化す。毎日、毎日、感情に嘘をつく。
笑っているからといって悲しんでいないわけじゃない。
笑っていなければ自分を保てない所まで来ていた。

そして、ときに攻撃的になる。カッと頭に血がのぼる。ヒステリーだ。
もう嫌で嫌で嫌だった。あとどれだけ生きればいいのだろう。もう疲れた。
笑ってたってキレている。昔はそんなだった。

f:id:meguro-hiro:20180502092219p:plain

今はだいぶ落ち着いた。それでも言葉に敏感だ。話しをすればピンとくる。
あぁ、この人は他人を傷つける言葉を平気で使う人間なのだな、と。
気持ちは冷める。仕方がない。生まれ持った感覚や育ってきた環境が違う。
もうむやみやたらにキレることはなくなったけれど、そのぶん虚しさが増した。
おかしな話しかもしれないけれど、それでいいと心から思っている。

諦めることで明らかになった。

そんな都合よく感情を語るなと言われればそれまでだ。
信じてくれるかどうかもわからないが、事実、私はそう感じることが多くなった。
絶望はいつか希望に変わる。そう信じて生きるより他になかった。
落ちれば後は上がるだけ。どこかで兆しが見えてくる。とにかく頑張るしかない。
頑張る、それは人に言われるものじゃなくて、頑張ると自分で決意するもの。
我を張ると書いて頑張る。こうと決めたら一途に貫く。信念を通す。
どんなに笑われようと蔑まれようと関係ない。人は人、自分は自分だ。