きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

大人と子供の喪失

私は3歳での死別がスタートだった。

f:id:meguro-hiro:20180502093028p:plain

「そんな小さい頃だから覚えてないでしょう」

そう人は言う。私でない人間が、私を理解できるわけがないのに。

f:id:meguro-hiro:20180502093345p:plain

そのときは、ちゃんと怒る。そんなことを言われたら傷つくこと。
信頼した相手だから大事な話しを聞いてほしかったこと。
そして伝える。子供は覚えていることを。
子供は周囲の反応を敏感に感じ取っている。なんでも見ている。吸収する。
けれど知恵は未熟だ。悲しいという感情を言葉にできず、苦しさが積もり重なる。

f:id:meguro-hiro:20180502093621p:plain

蓄積する不満。怒りを我慢し続ける。やりきれない気持ちを抱えて大人になる。

f:id:meguro-hiro:20180502093825p:plain

ショックのあまり当時の記憶は封印される。

辛い経験を見聞きすることは苦しい。それ以上は心が壊れてしまう。
そうならないために思考を停止する。大人だってそうだ。
死別の受け取り方は老若男女、千差万別。人それぞれに抱える悲観はみんな違う。

いつの時期に誰を亡くしても悲しみは比べられるものではない。