きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

死別と離婚どっちが辛いか。

よく聞くのが「死別で大切な人を喪うことと離婚とは違う」という話し。
「死別と離婚を一緒にするな」「死別は好きでは別れたんじゃない」
あげく「こっちは死別。二度と会えない。離婚は会おうと思えば会えるだろう」
すると「離婚は死別と違って綺麗事じゃすまされない」
こうやって互いに粗探しをして自身の悲観を主張する。

どっちも正論。
死別は亡くなった人を神格化し綺麗な思い出にする場合がある。
離別は恨みを残して離れる。法的に争うことだってある。
どちらが辛いかなんてこればかりは水掛け論。
立場は違えども何かを失った事実は同じ。

 例えるならこんな感じかな。処刑方法はどっちがいい?
火炙りで死ぬか、水責めで溺れ死ぬか。私はどっちも嫌だな。

f:id:meguro-hiro:20180502111251p:plain

けれど、同じと言い張る自分がいるように、違うと言い張る相手もいる。
それならそれでかまわない。
不貞腐れて言ってるんじゃなくて、本当にそうだから仕方がない。

 違うという相手にはその人なりの考え方がある。
でもそれが自己弁護で言ってたら厄介モン。不幸自慢。マウンティング。
そんな人は自分の辛さを一方的に主張し続けても反感を買う。
結果敵をつくる。敵しかいない人生になる。
偉そうなことぬかしてる自分も一方的な主張を続ければ同じようになる。

私は論破したいんじゃなしにシェアしたいんだよね。
私が横文字を使うとフランクさ通り越して頭軽い感じになるのが難点。
かと言って分かち合うって言葉はどうもムズ痒いんだよなぁ。
とりあえず、言い争いはしたくないなって感じです。

なので、どっちが辛い談義はしない。
区別はしても差別はしないよう心掛ける。

どんな相手を喪っても悲しみは同じと考えれば分かり合える相手の幅も広がる。
けれど、出来事を特別視しなければ納得いかない人もいる。

意見が違えばそこまで。黙って去る。
同じ意思を持つ人たちと繋がる。
いつか分かり合えたらいいね、そんな希望だけ持っとく。