きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

死別

死別後の言葉の使い方

死別後の人間関係は苦労する。そんなのわかりきったことだけど対処するのが難しい。死別した人との会話は気苦労が絶えない。世間はそう見ちゃうよ。親が亡くなってるって伝えると「あっごめん」または黙りこくる。厄介なのは無用な声かけ。「元気出して」「…

子供の悲しみを否定する

母を喪ったのは3歳だった。そんなに小さい頃だから覚えていないでしょう。子供だから覚えているわけがないと他人は言う。だからずっと黙ってた。どうせ私の話すことなんて誰も信じてくれない。そんな子供時代だった。人を疑ってかかるようになった。憎むよう…

泣くことは甘えじゃない。でも泣ける?

いつまで悲しんでるのという言葉。死別歴のある人にはお馴染みのNGワード。幼い頃から泣くんじゃないと責められ悲しみに蓋をせざるを得なかった。泣くことは甘えだという無言の圧力。明言することのなかった父だからこそ、私は親の心を偏った目で見てしまっ…

死別後に聞く残酷な比較

どんなに素晴らしい言葉でも聞く人の気持ち次第で印象は変わってくる。言葉は鋭利な刃物。使い方も大切だけど、聴く側の心の在り方も大切だ。言葉は毒にも薬にもなる。私が言われて嫌だったのは悲しみ比べの言葉だ。「あなたなんてまだマシ、こっちなんて○○…

死者を想う

最愛の人との過去を回想することで一心同体かのような錯覚に陥る。最愛の人は死者の国へ旅立った。もう手の届かない遠い世界に行ってしまった。それでも側にいていて欲しい。いいや。故人は側にいる。私のすぐ隣にいる。見えないから不安になる。触れられな…

死にたいけど生きたい・後編

死別体験を漫画に描くことで心の整理をつける。死にたいけど生きたい。我慢していた気持ちがようやく解放された。2013年、春から年末までの8か月。描いてようやく自覚した。私はずっと死にたかった。この世から消えてしまいたい。そう願っていた。なんでもい…

死にたいけど生きたい・前編

なんだかんだで生きていたい。自分の気持ちに気がついたのは漫画で自分の体験を描こうと決めたとき。単行本一冊、300ページ程度でまとめる。死別と決着をつけるなら今しかない。でないと自分はダメになってしまう。危機感を覚えたときだった。キッカケは2013…

死を意識するほど自分は生に執着している

死にたいとはっきり思うことがなかった。腹が減る。ため息。飯を食う。美味しい。疲れる。23歳。仕事を辞めた。絵が好きだ。漫画を描きたい。描けない。真っ白い紙と向き合う。描けない。ノートにネタを考える。出てこない。もう朝だ。遠くてカラスが鳴いて…

ある人の死別

当時19歳。怠惰な生活を送っていた。よく笑い、すぐキレる。感情の起伏が激しくて近寄りがたい人間だった。問題は性格だけじゃない。服は人を作る。見た目も良くなかった。アニメキャラのように真っ青な髪をした自分を奇異な目で見る人は多かった。唇には3つ…

死別者は世間を恨む

ある人は神を呪い天に唾する。病に奪われた人は病魔を、そして医師を妬む。数えればキリがない。事件、事故、災害、自ら命を絶つ人。考えるだけで苦しい。起きて欲しくなかった。ただ一言、それに尽きる。平穏無事に過ごす。それはあまりにも贅沢だ。家族で…

亡き母を恨む・4 (全4回)

母親がいなくて困ったこと。あとなんだろう。やっぱり化粧かなぁ。産毛剃るとか眉毛整えるとか。小綺麗にするって大切。いつも着る洋服とか。 安いのって布薄かったりする。それ着させられるって恥。しわくちゃの服とかホント困る。イジメの原因になる。これ…

亡き母を恨む・3 (全4回)

母親のロールモデルがいないというのはやっぱり困る。でも近所のおばさんとお姉さんがいたからなんとかなったところもある。でも完璧じゃない。なんかお姉さんに意地悪された記憶もある。まぁその話しは別の機会に。書けたら記事にまとめまっす。今回はほっ…

亡き母を恨む・2 (全4回)

乳離れが早かった影響で小6まで哺乳瓶が手放せなかった。赤ちゃん返りだ。 朝、布団の上。ゴロゴロ。祖母がミルクを入れた哺乳瓶を持って起こしにくる。寝ぼけ眼で口に含む。全部飲む。朝からウマイ。ニップルをかじる。奥歯で引き千切るようにガジガジと噛…

亡き母を恨む・1 (全4回)

母親に思うこと。暮らした年月が少ないってのがコンプレックスだった。一緒に撮った写真は幼い自分と若い母親。お母さん。どれだけそう呼んだかな。 病院には1年近く入退院を繰り返す。私が2歳の頃、母の家は病院だった。会えない時期が長く続いた。母も寂し…

亡くなった人への恨み

物騒なタイトルだな。でも否定はしない。死別後は負の感情に支配される。怒り憎しみ憤り、いろいろあるけど今日は恨みの矛先について考えてみる。両親の他にも祖母や叔父、友人の死別があるけどここでは親に焦点をあてるね。 私は3歳で母親を乳ガンで喪い、1…

死の感覚に立ち向かう

4月中旬。どうしたってくらいに酷い有様だった。 この世の終わりかってくらいに気持ちが沈んだ日。血の気が引く感覚。このブログでは何度も使い古した表現のような気がしてならないんだけどね。とにかく。全身が重くて身体が軋む。寝るに寝れなくて頭がグラ…

失うことは恐ろしい、けれども

人の意見に振り回されない、の記事で書くはずだったことをここに書くね。 失うことは恐ろしい。けれど、なるようになったら受け入れるしかない。とても不安だ。喪ったものは帰ってこない。頭ではわかっても感情では理解できない。だから苦しい。けれど自分は…

人の意見に振り回されない

失うことは恐ろしい。今、腕が動かなくなったらどうすればいいんだろう。今、視力を失ったらどうすれば。今、余命宣告されたらどうすれば。病魔は確実にやってくる。あっという間に侵される。不安の種は尽きない。 それでもこうして考えてるだけで安心する自…

感謝という言葉

死別した今に感謝。感謝か。大事な言葉なんだけどね。ひねくれてみてしまう。そういう時期だからってだけじゃなくて、なんでも感謝だよ!という押し付け。これが引っかかる。私は天の邪鬼なので感謝って言葉を素直に納得できない。 言葉自体は好きだ。気持ち…

亡き母と母の日

母は他人のようだ。物心ついた頃には既に遺影の中だった。 誰だろう、この人は。黒いタートルネックにパールのネックレスを下げて微笑んでいる。お母さんだよ。父は上機嫌に自慢する。とても嬉しそうだ。9歳下の奥さん。のろけていた。ふっくらとした体型に…

時間の長さで悲しみ比べ

悲しいときの応急処置。猫を撫で繰り回す。私は愛猫に救われている。気分を逸らしてくれる存在は本当に有難い。落ち込んでると頬ペロしてくれる。猫の舌は痛い。ざりっざりっ。慰めるつもりはなくても、飼い主の雰囲気が普段と違うと寄ってくるみたい。 なん…

記念日反応の煩わしさ

ゴールデンウィークは家族連れで賑やかだ。帰省ラッシュは毎度の光景。疲れそうだな。本音だ。そう思う人はなんだかんだで多いのかな。楽しそうだな、幸せそうだ。どこどこに出かけるんだ、小学生の頃、何気に突き刺さる一言。 子供の頃は小さな呟きも大きな…

いつ親を亡くした人が最も辛いのか

親離れ。それは必ず誰にでもやってくる。ならいつの時期に親と死別するのが最も辛いのか。結論を言えば人それぞれ。いつの時期にどんな形で親を亡くしても悲しさってのは比較できない。比べられることじゃないし、比べてはいけない。不幸自慢なんてやったら…

手紙は遺言になった

ヒロの夢を応援してる。あのとき背中を押してくれた友人はもういない。 葬式にはいかなかった。友人の死を知ったのは、すべてが終わった後だった。お墓も手を合わせていない。それでいいと思ってる。向こうの家族の問題だ。私が口を出すのは御門違い。私は自…

父の死、初七日

17歳、高校二年の冬。父はあの世へ旅立った。いつか来るとは思っていたけど、こんなに早くに来るとは思ってもみなかった。もう亡くなった人は帰ってこない。そんなもんわかってる。でも釈然としない。どこかにいる。いてほしい。でもいない。ふと見ればそこ…

死別の漫画を描く自分

顔が火照り手が冷える。汗ばんで湿った手。グーパー結んで開いてを繰り返す。夜起きて朝眠り、昼に目覚めて翌朝 眠る。眠れないから限界まで起きている。まだ頑張れる。まだやれる。ふとした瞬間、視界がぼやけ涙で滲む。袖で拭う。しんと静まりかえる夜。意…

不安がよぎり死にたくなるとき

ときどきポンッと消えてしまいそうなときがある。誰だってそうだ。 そんなん考えないようにしよう。考えるとドツボにハマる。抜け出せなくなる。だから笑おう。でも笑ってると苦労していないように見える。楽観主義。能天気。あなたはいいよね幸せそうで。い…

ペットの死よりも人の死か

生き物の死は人間の命よりも下だ。 酷いこと言う。でも動物と暮らしたことがない人にはわからない。だからかよく聞く。人間と同じにするなってこと。動物よりも人を喪ったことのほうがずっと苦しい。そんなセリフ。でも実際そうでない人って多い。ペットロス…

心の栄養が足りない?んなことない!

食欲が減退する。それか無性に食べたくなる。いい塩梅ってのが難しい。PMS(月経前症候群)では気持ちの浮き沈みや食欲に行ってしまいがち。 食べて元気だす。でも罪悪感がある。働かないで絵ばっか描いてごめん。なのに食べててごめん。 栄養は必要最低限に…

死別体験を哲学する会

こんにちは。目黒紘、改め本名 庄野紘代です。 私は「死別体験を哲学する会」を開きます。 目的はコミュニケーションです。言わずもがな、ネット社会である今は人との繋がりが希薄になる一方です。お互いに顔を見て声を聞くことの大切さを失わないよう、会を…