きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

死別

死別語り、Twitter抜粋!

死別は綺麗ごとじゃない。よく感動ポルノで死を扱われるけど共感できず悶々とする人がいる。理由は「綺麗すぎる」当事者はこぞって言う。コレジャナイ感にうんざりしている。 #死別体験を哲学する会 毎週(土)川崎14:00— 目黒 紘 (@meguro_hiro) 2018年8月3日…

いつまでも死別で文句たれてる人

死別後の感情を掌握するのは時間がかかる。私も以前は世の中すべてが馬鹿に見えたしこんな世界どうでもいいやと投げやりに暮らして自分の身体を壊してきた。それをやっても意味がないと気づいたのは誰かの経験を聞いて思うことがあったからなのよな。 これは…

死別した人らも言葉の使い方を間違えることあるよね

「こんなこと言われた、あんなこと言われた。」「死別した人の気持ちは誰にもわからないんだ。」 死別した人たちは言葉に傷つきやすい。だから相手に対して「こんなこと言っちゃってごめんなさい」なんてやりとりを見かけるし自分もよくやる。それでもさ、そ…

相手に察しろを求めすぎ

暗くて落ち込んだときも、ガッーーと泣いて出す。そんな気分で今日も前を向いて生きていく。と言っても絵空事。気持ちでなんとか済めば世話ないよね。気分がいいときはテンション高いし未来は明るい。とにかく元気です。でも気分が沈むときは?ドカンと落ち…

人間関係の苛立ち

2018年7月10日(火) 少しづつ元気になってきたかな。 文字ににできるうちはまだ大丈夫だろう、そうなんとか言い聞かせてきているけれど、時々ふと大きな不安が押し寄せてくる。この先自分には何が起こるのだろうか、何もなくただ終わっていくのだろか。これか…

自傷について・Twitter抜粋

リスカの何が悪いのかと。メンヘラかまってちゃんは迷惑、それはわかる。でもさ、周りに怒りをぶちまけるんじゃなしに、自分に攻撃して怒りを鎮めてる人だっているんですだよ。そんなん自己犠牲の塊じゃないすか。私の友達を馬鹿にするなよ。— 目黒 紘 8.17…

死別したから偉いのか?

死別は壮絶な経験だ。特別視することも当然だとも思う。代えがたい人を喪う苦しみは本人にしかわからない。それだけの苦難を背負って生きているのだから、並大抵の暮らしでないことも共感したいし理解もしたい。 だからって死別した自分らが特別偉いという勘…

生きてて良かったなと思うこと。

このブログは基本的に明るい部類に入ると思うので、死別でダウナーになってる人には受け入れがたい内容もあるかもわからない。それも承知の上で死別して良かったと思うことを考えてみる。 するとやっぱりここに行き着く。 自分が未成年遺児だったからこそ、…

死別後の再婚を第三者視点で見る・後編

落ちぶれた人間は攻撃する。 亡くなった人に悪いと思わないのか。可哀想じゃないかと相手を責める。自分の感情を亡くなった人に投影している。しかしそこに気づかない。亡くなった人はこう思っているに違いないという思い込みに支配されている。亡くなった人…

死別後の再婚を第三者視点で見る・中編

死別後の再婚は死を受容してからの話し。そうでなければ確実に失敗する。亡き人の面影を現在の伴侶に求めれば苦しいだけ。そんなこと誰でも知ってる。寡夫であった叔父は内縁の妻を娶る。妻の死から15年以上経ってのことだ。叔父夫婦がどんな暮らしを送って…

死別後の再婚を第三者視点で見る・前編

叔父の内縁だった女性は叔父の死後、夫だった彼の位牌を手離し再婚した。耳を疑った。正直言っていい気はしない。夫婦間の愛情なんてその程度の物か。落胆した。感じの良い女性だっただけに尚更ショックだった。私が両親とその女性を比べてしまったからだ。…

死別した時の年齢

早い方がいいのか遅い方がいいのか。どっちもキツい。その年齢だから辛いって出来事もある。赤ちゃんなら覚えてないし平気かもなんて高を括れば子供のシグナルを見逃す。死別の弊害は大きい。学校の先生やってる人と話したときも同じ答えだった。自分もそう…

死別を武器にして戦うこと

辛い経験を糧に生きる。無茶だってそんなの。辛い経験が私を成長させてくれた。バカ言ってんじゃないよ。綺麗事抜かしてんじゃねぇぞ。お前に何がわかるんだ。お前が死別を乗り越えたからってみんなができると思うなよ。そうなんだよね。成長したとか聞くの…

死を受け入れる人

「どうでもいい」と言ってるときほど重大で「別に」というほど意識している。「もう終わったことだから」と口を閉ざすのは現在進行形である証拠。「もう終わったことだから」だからもう、これ以上は聞かないで。裏のメッセージを読み解く。本音は隠れて見え…

離婚の子・死別の子

離婚と死別は経験が違う。そうかもしれない。でも、それを言ってたら来るもの全てが敵になる。人って自分の見方次第で敵にも味方にもなる。だったら物の見方をどうやって変えていくか。例えていうならこんな感じ。めっちゃ林檎が食べたい。丸かじりしたい。…

死を描くことの恐さと嬉しさ

漫画の話を考えているときは幸せだ。 誰に認めてもらってるわけじゃないし、それで食ってるわけじゃない。虚しいってのもあるけど、考えようによっちゃ自由なんだよね。締め切りに追われることも評判を気にすることもない。誰に邪魔されることなく自分のペー…

隣の芝生は青く見える

一定数いるのが悲しみ比べをする人。「自分はこんなに辛いんだ、苦しんでいる」「○○よりも○○のほうがずっと辛い」「あなたはまだマシだ」「自分なんかこんなに苦労している」そこには「自分だって頑張っている、けれど誰も認めてくれない」だから「わかって…

死別の悲観を我慢しない

我慢は健康に良くない。でも我慢しないといけない世の中。我慢してる人は粋だとかカッコイイって印象もある。世間は我慢する人を高く評価する。そういうのを求めている感じがする。実際は我慢できる人って少ない。あぁだから我慢できる人がカッコイイのか。…

自傷についての印象

身体に傷を入れることは悪いことじゃない。例えばリストカット。自傷よりもリスカって言葉が世間じゃ浸透してるのかな。私はリスカの代わりがボディピアスだった。スタジオで綺麗に開けてもらうようなものではなかった。ただ針で肉を貫通させるだけの行為。…

辛い出来事を全て死別のせいにする

なんでもかんでも死別に繋げた。とりわけ嫌な出来事は結びつきやすい。親いないんだから仕方ないじゃん。そうやっていつも不貞腐れていた。実際そうだよね。母親がいないことの弊害は女らしさを学べないこと。生前の母は綺麗だった。洒落た格好をしている。…

言葉の魔力

スピリチュアル信仰ではないけれど言霊についてブログで取り上げてみる。言葉の魔力なんていうと随分とファンタジーだけど、やっぱりある。 3つのお皿に入ったお米に声をかけてどれが一番早くに腐るかっていう実験。 放置、良い言葉、悪い言葉で分ける。答え…

絶対的に不可能という思い込み

絶対的に不可能という思い込みが自分の可能性を打ち砕く。 いいすね。なんかカッコイイ。よし、自分に酔うのはそこまでだ。何が書きたいかっていうと、もうそのまんまです。自分で限界を決めるともう終わる。そこで終わりです。人生終了。いやだな。まだ足掻…

亡き父を恨む

すぐ怒る。瞬間湯沸かし器。人の話しを全く聞かない。父親は居酒屋の大将。いい笑顔だった。愛嬌がある。ただ、赤ちゃんだった。憎むに憎めない。世話好きなところもあったな。でもお節介。天然でいろいろやらかす感じ。これ書いたかな。比喩なんだけども。…

嫌なら嫌だと言う

言わなきゃわからないことがある。以前、近所に住んでいた人の話し。その人は公共の場であるにもかかわらず自分の家のように物を散らかしていく。勝手に放置していった。もう顔も割れてる。さてどうするか。何も言わずにいても解決はしない。かといって喧嘩…

描いて書いてストレス発散

動けない。気分が落ちていると文章すら書けなくなる。描くこともエネルギーがないとまったく進まない。ネットでグルメ見ちゃう。ローストチキンうまほー!あぁお腹すいた。食べると歯止めが利かなくなる。一日三食という決まりがストレスになる。分割して食…

死と向き合う強さ

死に対して考えたり、自分のトラウマと向き合ってみたいって素直に思う。動機は興味心。突き動かされる。なぜ知りたいのだろう。考える。答えが欲しい。自分を苦しめているモノの正体を突き詰めたい。知ることで気持ちが晴れる。と、いうわけでこれだ。カタ…

描けなくて苦しい

文章で書くことしかできない今が苦しい。本当は漫画を描きたいけど仕事先がみつからない。そんな4月末だった。パソコンと睨めっこ。思うままに文字を打つ。たたたた たたたた、気持ちいい。なんで描かないの?グリーフワークで漫画を描くんじゃないの?描き…

気持ちを「描く」ことの大切さ

自分の気持ちを書けない人や言いたくない人はいる。だから人のブログをみて「そうそうこの気持ち、言って欲しかったんだよね」共感してスッキリする。代弁してくれる人の存在は有難い。私は同じ死別体験をした人には出会えなかった。そのかわりに辛い経験を…

死別後の暮らし(高校時代)

両親と死別した後の暮らし。何も考えていなかった。普通に過ごした。昼に起きて学校に行って、部活で友達と遊んで家に戻っての毎日。はたから見れば普通の暮らし。笑う。すぐキレる。これが情緒不安定なのか?自分でもわからない。ただ肩の荷が下りた。もう…

遺品整理(アクセサリー遍)

父親の壊れたカメラ。祖母の三味線のバチ。まだまだあるなぁ。懐かしい。母親のアクセサリーはまだ使えるからよく身に着けてる。お陰で他のアクセサリーに目移りしなくなった。綺麗だなって見ることはある。雑貨店のレイアウトは色使いから照明までデザイン…