きみこいし

両親死別・未成年遺児のグリーフワーク体験記

期間限定「死別体験を哲学する会」
毎週土曜14:00-16:00 川崎にて開催中

きみこいし
since 2018.5.2 C. Hiro Meguro.
【告知】2018年8月17日(金)20:00
新宿Cafeラヴォア【イラスト交流会】
漫画家が教える!初心者OK!絵・イラスト好き
興味有・創作仲間作り・想いや心の中を形に・上達技術
詳しい人から話を聞いて知識を深めたり
おしゃべりを楽しむ会
申し込みはこちらから【お茶友の会
画材はコピックと色鉛筆を持っていきます。
わからないことがあれば聞いてください。
当日は宜しくお願いします!

死別語り、Twitter抜粋!

死別は綺麗ごとじゃない。よく感動ポルノで死を扱われるけど共感できず悶々とする人がいる。理由は「綺麗すぎる」当事者はこぞって言う。コレジャナイ感にうんざりしている。 #死別体験を哲学する会 毎週(土)川崎14:00— 目黒 紘 (@meguro_hiro) 2018年8月3日…

死別語りTwitter抜粋!

今日の14:00から川崎で #死別体験を哲学する会 をやります。東口エクセルシオールで待ってますね。目印はノーパソです!追記。最近FacebookやTwitterでもこの会の話しをよくします。今日は人多い?かな。これから台風らしいけど川崎周辺は今 曇りです。それ…

いつまでも死別で文句たれてる人

死別後の感情を掌握するのは時間がかかる。私も以前は世の中すべてが馬鹿に見えたしこんな世界どうでもいいやと投げやりに暮らして自分の身体を壊してきた。それをやっても意味がないと気づいたのは誰かの経験を聞いて思うことがあったからなのよな。 これは…

死別した人らも言葉の使い方を間違えることあるよね

「こんなこと言われた、あんなこと言われた。」「死別した人の気持ちは誰にもわからないんだ。」 死別した人たちは言葉に傷つきやすい。だから相手に対して「こんなこと言っちゃってごめんなさい」なんてやりとりを見かけるし自分もよくやる。それでもさ、そ…

相手に察しろを求めすぎ

暗くて落ち込んだときも、ガッーーと泣いて出す。そんな気分で今日も前を向いて生きていく。と言っても絵空事。気持ちでなんとか済めば世話ないよね。気分がいいときはテンション高いし未来は明るい。とにかく元気です。でも気分が沈むときは?ドカンと落ち…

ブログの更新頻度を下げます。

今年の4月から一日一記事3ヶ月、死別ブログを掲載していましたが、これからは毎週月曜の深夜に更新する事に決めました。 内容は死別が大部分を占めていましたが、今後は絵や漫画のこと、風俗についての気持ちなども書いていくので雑多なブログになります。…

睡眠や体質のこと

今日は過去のメモを抜粋して記事にします。 2018年6月6日 04:16 書くことないですなぁ。ただなんとなくボンヤリ。 いま思ったことを淡々と綴ってみよう。あぁ鼻クソほじりてぇ。 でもここはマック。耐えましょう。今は朝の四時。空が明るくなってきた。 小雨…

М嬢は痛いのが好き、それはないです

叩けばいいってもんじゃないしエロい話しが大好物ってもんでもない。むしろ馴れ馴れしいのはノーサンキュー。辟易する。この人だからされてもいい、この人だから許せる。この人でないといけない。この人だからどんな痛いことされても耐えられる。そこには絆…

人間関係の苛立ち

2018年7月10日(火) 少しづつ元気になってきたかな。 文字ににできるうちはまだ大丈夫だろう、そうなんとか言い聞かせてきているけれど、時々ふと大きな不安が押し寄せてくる。この先自分には何が起こるのだろうか、何もなくただ終わっていくのだろか。これか…

自傷について・Twitter抜粋

リスカの何が悪いのかと。メンヘラかまってちゃんは迷惑、それはわかる。でもさ、周りに怒りをぶちまけるんじゃなしに、自分に攻撃して怒りを鎮めてる人だっているんですだよ。そんなん自己犠牲の塊じゃないすか。私の友達を馬鹿にするなよ。— 目黒 紘 8.17…

死別したから偉いのか?

死別は壮絶な経験だ。特別視することも当然だとも思う。代えがたい人を喪う苦しみは本人にしかわからない。それだけの苦難を背負って生きているのだから、並大抵の暮らしでないことも共感したいし理解もしたい。 だからって死別した自分らが特別偉いという勘…

絵描きの愚痴。ぷんぷんだぜ!

今は絵を描く人もたくさんいて、上手な人も本当に増えた。だからこそ素晴らしい作品が埋もれてしまうのも事実。それでも本当に魅力のある人は必ず表舞台に出てくる、ようは有名になる、なんて言う人も多い。だろうなぁと思うけど、そうかな?と疑問を持って…

生きてて良かったなと思うこと。

このブログは基本的に明るい部類に入ると思うので、死別でダウナーになってる人には受け入れがたい内容もあるかもわからない。それも承知の上で死別して良かったと思うことを考えてみる。 するとやっぱりここに行き着く。 自分が未成年遺児だったからこそ、…

死別体験を哲学する会レポ

2018年6月30日から始めました「死別体験を哲学する会」 今日はそれの近状報告もといレポートをあげていきます。 これから毎週土曜に参加費1000円で少人数制の語る会を開きたいなと考えてます。題して【死別体験を哲学する会】場所は川崎のカフェ。時間は14:0…

死別体験を語る会のお知らせ、そしてお礼。

最近はいろんな方と出会うことが多くなりました。表現者の方から死別体験者の方まで、そうでなくても、人と出会うということには何かしら意味があるのかなぁと思うこともたくさんあります。そんなわけで、今日はお知らせとお礼です。 お知らせ。今年限定で開…

今日はSMの話し

7月下旬から死別ブログの書き方をかえます。今まで一行でまとめるように書いてたのですが新しいスマホからだと形が崩れて読み辛くなってました。なので今回みたいな感じでドカドカ文字をつめていきます。こっちのほうが書きやすいですしな!では!— 目黒 紘 …

死別後の再婚を第三者視点で見る・後編

落ちぶれた人間は攻撃する。 亡くなった人に悪いと思わないのか。可哀想じゃないかと相手を責める。自分の感情を亡くなった人に投影している。しかしそこに気づかない。亡くなった人はこう思っているに違いないという思い込みに支配されている。亡くなった人…

死別後の再婚を第三者視点で見る・中編

死別後の再婚は死を受容してからの話し。そうでなければ確実に失敗する。亡き人の面影を現在の伴侶に求めれば苦しいだけ。そんなこと誰でも知ってる。寡夫であった叔父は内縁の妻を娶る。妻の死から15年以上経ってのことだ。叔父夫婦がどんな暮らしを送って…

死別後の再婚を第三者視点で見る・前編

叔父の内縁だった女性は叔父の死後、夫だった彼の位牌を手離し再婚した。耳を疑った。正直言っていい気はしない。夫婦間の愛情なんてその程度の物か。落胆した。感じの良い女性だっただけに尚更ショックだった。私が両親とその女性を比べてしまったからだ。…

死別した時の年齢

早い方がいいのか遅い方がいいのか。どっちもキツい。その年齢だから辛いって出来事もある。赤ちゃんなら覚えてないし平気かもなんて高を括れば子供のシグナルを見逃す。死別の弊害は大きい。学校の先生やってる人と話したときも同じ答えだった。自分もそう…

死別を武器にして戦うこと

辛い経験を糧に生きる。無茶だってそんなの。辛い経験が私を成長させてくれた。バカ言ってんじゃないよ。綺麗事抜かしてんじゃねぇぞ。お前に何がわかるんだ。お前が死別を乗り越えたからってみんなができると思うなよ。そうなんだよね。成長したとか聞くの…

告知【イラスト交流会】

主催・目黒 紘 申し込みはこちらから【お茶友の会】 というわけで、絵の交流会をやります! 初心者OK!絵・イラスト好きさん寄っといで! 創作活動の仲間作り、想いや心の中を形に! どうやって描いたらいいの?なんて方も安心してください。描き方を教えま…

死を受け入れる人

「どうでもいい」と言ってるときほど重大で「別に」というほど意識している。「もう終わったことだから」と口を閉ざすのは現在進行形である証拠。「もう終わったことだから」だからもう、これ以上は聞かないで。裏のメッセージを読み解く。本音は隠れて見え…

離婚の子・死別の子

離婚と死別は経験が違う。そうかもしれない。でも、それを言ってたら来るもの全てが敵になる。人って自分の見方次第で敵にも味方にもなる。だったら物の見方をどうやって変えていくか。例えていうならこんな感じ。めっちゃ林檎が食べたい。丸かじりしたい。…

さよならもいわずに

さよならもいわずに (ビームコミックス) 作者: 上野顕太郎 出版社/メーカー: エンターブレイン 発売日: 2010/07/24 メディア: コミック 購入: 24人 クリック: 450回 この商品を含むブログ (121件) を見る bookmeter.com 絶望と再生の物語。最愛の妻、キホさ…

はっちゃん、またね

はっちゃん、またね 多発性骨髄腫とともに生きた夫婦の1094日 (KCデラックス BE LOVE) 作者: 池沢理美 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/12/11 メディア: コミック この商品を含むブログを見る bookmeter.com 旦那様はバンドマン。THE GOOD-BYE 加賀八…

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。

母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。 (BUNCH COMICS) 作者: 宮川さとし 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/08/09 メディア: コミック この商品を含むブログ (5件) を見る bookmeter.com 著者は33歳で最愛の母を喪いました。物語は母親のガン告…

死を描くことの恐さと嬉しさ

漫画の話を考えているときは幸せだ。 誰に認めてもらってるわけじゃないし、それで食ってるわけじゃない。虚しいってのもあるけど、考えようによっちゃ自由なんだよね。締め切りに追われることも評判を気にすることもない。誰に邪魔されることなく自分のペー…

隣の芝生は青く見える

一定数いるのが悲しみ比べをする人。「自分はこんなに辛いんだ、苦しんでいる」「○○よりも○○のほうがずっと辛い」「あなたはまだマシだ」「自分なんかこんなに苦労している」そこには「自分だって頑張っている、けれど誰も認めてくれない」だから「わかって…

死別の悲観を我慢しない

我慢は健康に良くない。でも我慢しないといけない世の中。我慢してる人は粋だとかカッコイイって印象もある。世間は我慢する人を高く評価する。そういうのを求めている感じがする。実際は我慢できる人って少ない。あぁだから我慢できる人がカッコイイのか。…